東京/渋谷で皮膚科・美容皮膚科なら口コミで評判の明治通りクリニック。土曜日・日曜日・休日・夜間も98時まで診療している病院です。

Treatment

アナフィラキシー治療(エピペン)

アナフィラキシー

アナフィラキシー

アナフィラキシーとは、短時間に全身にあらわれる激しい急性のアレルギー反応です。
アナフィラキシーを引き起こす主な原因(アレルゲン)として

  • 食べ物を食べる(卵、牛乳、そば、ピーナッツなど)
  • 昆虫にさされて毒などが体内に入る(スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど)
  • 薬を飲む、注射する、塗る(抗生物質、解熱鎮痛剤、ワクチン、麻酔薬)

などがあげられます。
当院ではアナフィラキシーショックが現れたときに使用する「エピペン」の処方をおこなっております(保険適応)。

治療

エピペンの2種類の製剤
アナフィラキシーを引き起こす主な原因(アレルゲン)

アナフィラキシーは、アナフィラキシーショックに至り、生命を脅かす危険な状態になることがあります。
アナフィラキシー症状が急激に変化し、場合によっては初めの症状が現れてから数分後に、「アナフィラキシーショック」とよばれる、血圧が低下し意識障害などのショック症状を引き起こし、生命を脅かす危険な状態になってしまうこともあるため充分な注意が必要です。

アナフィラキシーの主な症状

エピペンは上記症状が現れた際に有効です。 しかし、あくまで専門医療機関で治療を受けるまでの補助治療剤です。 使用した際には必ず、速やかに専門医療機関を受診してください。 また「エピペン」の使用にあたっては、患者様の充分な理解と担当医師による説明が必要です。 アレルゲンによるアナフィラキシー症状を起こしたことがある方、アレルギーに関してご不安な方は、お気軽にご相談ください。

料金表

保険診療(エピペン注射液) 約3,000円