東京/渋谷で皮膚科・美容皮膚科なら口コミで評判の明治通りクリニック。土曜日・日曜日・休日・夜間も80時まで診療している病院です。

Treatment

かぶれ肌荒れ

かぶれ肌荒れ

aa

接触性皮膚炎(かぶれ)とは?

体の外からくる何らかの化学物質などが皮膚について、かゆみや痛みをともなって赤く腫れたり、ぶつぶつや水ぶくれができたりするアレルギー反応によっておこる皮膚の病気をいいます。 刺激物質が皮膚について誰にでもおこる刺激性接触皮膚炎と、皮膚につくとアレルギーをおこして湿疹になるアレルギー性接触皮膚炎。また、物質が皮膚について痒みとみみずばれ(膨疹)をおこす接触じんま疹、光があたるだけでアレルギーをおこしてくる光アレルギー性接触皮膚炎などがあります。

  • 接触性皮膚炎(かぶれ)とは?
    接触性皮膚炎(上腕)
  • 接触性皮膚炎(かぶれ)とは?
    頚部接触性皮膚炎

病因

アレルギー性接触皮膚炎はどんなものによってもおこる可能性があります。よくおこす物質は、指輪やイヤリング、腕時計、ネックレスなどの金属装身具(コバルト、ニッケル、水銀、金、クロムなど)、化粧品や香水、ヘアケア用品、衣類、家庭用化学薬品、洗剤、医薬品、植物、動物などがあります。
光アレルギー性接触皮膚炎は、貼り薬や鎮痛効果のある外用剤に含まれる消炎鎮痛薬や、日焼け止め製品に含まれる紫外線吸収剤などによってまれにおこります。
刺激性接触皮膚炎の原因物質としては、油・洗剤・石けんなどの刺激の強い物質(強酸や、水酸化ナトリウムなどの強アルカリなど)があります。また、脱毛クリームやパーマ液なども、使用方法を誤ったり、傷んだ皮膚に長い時間つけたままでいたりすると刺激性接触皮膚炎をおこします。石けんは脱脂をくり返すことにより、皮膚のバリア機能の低下した人に刺激性接触皮膚炎をおこすことがあります。

治療

日常生活では原因物質と接触しないようにしていくことが大切です。
診察では、接触皮膚炎がおこった状況を詳しく聞き、皮膚のどの部位にどんな病変があるかをみて薬を処方します。症状を抑えるため、部位に応じて副腎皮質ホルモン(ステロイド)外用剤を使い分けます。かゆみや炎症が強い場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服します。重症の場合は、副腎皮質ホルモン薬の数日間の内服が必要な場合もあります。
また、金属アレルギー検査(パッチテスト)やアレルギー物質の血液検査などで原因がないかを調べることも可能です。(別途料金)

  • 接触性皮膚炎(かぶれ)とは?
    ピアスかぶれ
  • 接触性皮膚炎(かぶれ)とは?
    ピアスかぶれ

料金表

かぶれ肌荒れ 保険診療 1,200円前後