東京/渋谷で皮膚科・美容皮膚科なら口コミで評判の明治通りクリニック。土曜日・日曜日・休日・夜間も19時まで診療している病院です。

Treatment

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

稗粒腫(はいりゅうしゅ)とは

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

稗粒腫とは産毛の毛穴の皮膚からできたもので表皮嚢腫(のうしゅ)の小さなものと考えられています。主に眼の周りに直径1-2mmの白くて硬い丘疹(ブツブツ)が多発します。
痛みや痒みはありません。
顔面に発生しやすく特別な原因がなく生じる原発性(げんぱつせい)稗粒腫と、熱傷や外傷、皮膚が剥がれるような疾患、皮膚を削り取る手術後などに生じる続発性(ぞくはつせい)稗粒腫があります。
どちらのタイプも見た目の違いはほとんどなく良性の腫瘍ですので、放置しても特に支障はありません。
白ニキビのように見え、目の周りに多発し、お化粧でも隠すのが難しい為、美容的観点から治療を希望される方も少なくありません。

稗粒腫ができる原因

稗粒腫(はいりゅうしゅ)のイメージ写真

毛穴の奥にある毛包という袋や未発達な皮脂腺に角質が溜まり、袋状になって皮膚の表面に現れたものです。
皮膚の新陳代謝が滞るとできやすいとも言われています。
老若男女問わずできやすく、加齢が原因の場合や、子供にも出来る場合があります。

予防

稗粒腫は一度治療をしても同じような場所に再発してしまう事がありますが、皮膚を清潔に保ちしっかり保湿をする、皮膚の新陳代謝を整える、定期的にピーリングをするなどで皮膚のターンオーバーを正常化することで再発予防効果が期待できます。

治療法

【自費】

炭酸ガス(CO2)レーザーを用い治療を行ないます。
レーザー照射部分には小さな赤みが残るため2-3日ほど外用薬を塗っていただきますが、その後はお化粧も可能です。


炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)はこちら