東京/渋谷で皮膚科・美容皮膚科なら口コミで評判の明治通りクリニック。土曜日・日曜日・休日・夜間も19時まで診療している病院です。

Treatment

デュタステリド(アボダート)

デュタステリド(アボダート)の効果

デュタステリド(アボダート)

5α-リダクターゼ(還元酵素)はⅠ型とⅡ型があり、Ⅱ型がより強力な男性ホルモンを生成すると言われています。AGA治療をおこなう上で、この5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の働きを抑制する事が重要になってきます。
デュタステリド(アボダート)は5α-リダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方を抑制し、男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるDHTの生産性を強力に抑制します。
5α-リダクターゼのI型とII型の両方を抑制することで、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力であると言えます。
フィナステリド(プロペシア)の効果が不十分な方、さらに強いAGA治療効果を希望される患者様には有効な選択肢となり得ます。

治療詳細

5α-リダクターゼ(還元酵素)とは

男性ホルモンのテストステロンと結びついて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換をする働きをもつ酵素の一つです。脱毛を引き起こす直接的な原因は、この変換されたDHTです。
脱毛を抑制するには、いかに5α-リダクターゼやDHTを抑制できるかが鍵となります。
5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。Ⅰ型5α-リダクターゼは皮脂腺に多く存在し、Ⅱ型5α-リダクターゼは毛乳頭に存在しています。
男性型脱毛症はこのⅡ型5α-リダクターゼの影響を強く受けると言われています。
Ⅰ型Ⅱ型の両方の対策をする必要がありますが、特にⅡ型5α-リダクターゼに重点をおいて治療をおこなうことが有効であると言えます。
フィナステリド(プロペシア)はⅡ型への有効性が認められていますが、デュタステリド(アボダート)はⅠ型Ⅱ型の両方を抑制するため、より効果が期待できます。

02

服用方法

  • 1日1回1錠内服して下さい。
  • どのタイミングで内服しても問題ありません。
  • 毎日決まった時間に服用すると飲み忘れ防止になります。

注意事項

  • 男性向けの内服薬です。女性の方は内服できません。
  • 特に妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けて下さい。
  • 服用中及び服用中止後6か月間は献血を避けて下さい。

副作用

肝機能障害、性欲減退、勃起不全、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)

FAQ

アボダートの服用方法は?
1日1回1錠内服して下さい。どのタイミングでも構いません。
アボダートはどのくらいで効果がでますか?
通常効果が期待できるまでは6か月間必要と言われています。早い人は3ヶ月くらいで「抜け毛が減った」「髪のコシが強くなった」と感じる方もいらっしゃいます。
アボダート服用で効果が出た場合、その後は服用を継続したほうがいいですか?それとも中止していいのですか?
効果を持続させるためには継続的な服用をお勧めします。
他の塗るタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使えますか?
お使いいただけます。
より効果を高めるために頭皮に付けるタイプの育毛剤を使用していただくといいでしょう。
飲み忘れがあった場合、次の服用はどのようにしたらいいですか?
飲み忘れた分はそのまま抜かし、次回からいつも通り服用してください。
医薬品・ビタミン剤などと一緒に服用した場合、相互作用はありますか?
現時点では相互作用は確認されていません。
アボダートに副作用はありますか?
重大な副作用の報告はありませんが、もともと男性ホルモンの働きをコントロールする薬なので極めてまれに勃起力が弱くなったり(ED)、性欲減退や射精量の減少などの性機能に関する症状がでる場合があります。
カツラを使用していても育毛治療はできますか?
全く問題ありません。
服用できない人はいますか?
女性は服用できません。特に妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けて下さい。
アボダートは女性でも服用できますか?
女性の脱毛症に関して効果は認められていません。
アボダート内服での注意事項はありますか?
プロペシアは処方を受けたご本人が必ず服用してください。
妊婦や授乳婦、小児が誤って服用しないようにしてください。
妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けてください。
服用中及び服用中止後6か月間は献血を避けて下さい。
円形脱毛症や抗がん剤などの副作用による脱毛症・フケによる脱毛症・自身による抜毛症には効果がありません。

料金表

男性用薄毛治療内服薬 料金(税抜) 適応
デュタステリド(アボダート) ¥6,500 男性のうす毛治療の内服薬