東京/渋谷で皮膚科・美容皮膚科なら口コミで評判の明治通りクリニック。土曜日・日曜日・休日・夜間も19時まで診療している病院です。

Treatment

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリド(プロペシア)の効果

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリド(Finasteride=プロペシア)はアメリカのメルクという製薬会社から1983年に発表された薬です。男性型脱毛症の改善を目的とし、合成5α-還元酵素II型酵素阻害剤でDHTの生成を抑制します。男性型の抜け毛の原因である5α-リダクターゼの活動を阻害することで脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤です。ヘアサイクルを正常化し脱毛抑制効果を発揮すると言われています。もともと、前立腺肥大症治療を目的としてFDA(アメリカの食料医薬品局)に認証されています。 日本では20歳~50歳の男性を対象に、48時間の内服で改善がみられるかをはかる大規模な臨床実験が実施されました。改善率は58%、その後3年間の延長試験では78%に増加しました。継続で3年服用を続けると8割の方が改善すると言えます。 フィナステリド(プロペシア)の副作用は、勃起機能障害、射精障害、睾丸や乳輪の違和感などが挙げられていますが、いずれも3%以下と発表されています。(万が一症状がでても内服を止めれば戻ります)

治療詳細

服用方法

  • 1日1回1錠内服して下さい。
  • どのタイミングで内服しても問題ありません。
  • 毎日決まった時間に服用すると飲み忘れ防止になります。

注意事項

  • 男性向けの内服薬です。女性の方は内服できません。
  • 特に妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けて下さい。
  • 服用中及び服用中止後6か月間は献血を避けて下さい。

副作用

肝機能障害、性欲減退、勃起不全、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)

FAQ

アボダートの服用方法は?
1日1回1錠内服して下さい。どのタイミングでも構いません。
アボダートはどのくらいで効果がでますか?
通常効果が期待できるまでは6か月間必要と言われています。早い人は3ヶ月くらいで「抜け毛が減った」「髪のコシが強くなった」と感じる方もいらっしゃいます。
日本国内の1年間の臨床試験では、頭頂部の写真評価で約58%の人に改善が見られたという報告があります。
プロペシア服用で効果が出た場合、その後は服用を継続したほうがいいですか?それとも中止していいのですか?
効果を持続させるためには継続的な服用をお勧めします。
他の塗るタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使えますか?
お使いいただけます。
より効果を高めるために頭皮に付けるタイプの育毛剤を使用していただくといいでしょう。
飲み忘れがあった場合、次の服用はどのようにしたらいいですか?
飲み忘れた分はそのまま抜かし、次回からいつも通り服用してください。
医薬品・ビタミン剤などと一緒に服用した場合、相互作用はありますか?
現時点では相互作用は確認されていません。
プロペシアに副作用はありますか?
重大な副作用の報告はありませんが、もともと男性ホルモンの働きをコントロールする薬なので極めてまれに勃起力が弱くなったり(ED)、性欲減退や射精量の減少などの性機能に関する症状がでる場合があります。いずれも3%以下と発表されています。  また、この薬を服用中の方は前立腺がん検診で測定される前立腺がん腫瘍マーカーのPSA(前立腺癌特異抗原)の検査の値が変動(低下)することが知られています。
カツラを使用していても育毛治療はできますか?
全く問題ありません。
服用できない人はいますか?
女性は服用できません。特に妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けて下さい。
プロペシアは女性でも服用できますか?
女性の脱毛症に関して効果は認められていません。
プロペシア内服での注意事項はありますか?
プロペシアは処方を受けたご本人が必ず服用してください。
妊婦や授乳婦、小児が誤って服用しないようにしてください。
妊婦または妊娠の可能性がある方は、錠剤に触れることも避けてください。
服用中及び服用中止後6か月間は献血を避けて下さい。
円形脱毛症や抗がん剤などの副作用による脱毛症・フケによる脱毛症・自身による抜毛症には効果がありません。

料金表

男性用薄毛治療内服薬 料金(税抜) 適応
フィナステリド(プロペシア) ¥8,000(28錠) 男性のうす毛治療の内服薬